Upsell-Technologies.Inc
arrow_drop_down
代表取締役社長

アップセルテクノロジィーズグループ
代表取締役社長

高橋 良太

Message
代表者挨拶

2003年、当時大学4年生だった私は居酒屋で昼夜問わずにアルバイトとして働いていました。

学生として本来すべきである学業を疎かにしていた為に、4年生になっても卒業出来る単位は取得できておらず、就職活動をする友人達を横目に心の中はとても焦っていました。
将来の夢も特には無く、今、何がしたいのかも分からずに時間だけが過ぎていきました。

そんな私に人生の転機が訪れたのはその年の夏の事でした。
知人に誘われて行った上場企業の代理店事業説明会。
会場にはビジネスパーソンばかりで学生の私はどこか浮いていたように思います。

2時間ほどの説明会だったでしょうか。
説明会が終わった頃には私は「社長になる!」と人生の目標が明確に出来ていたのです。

そして2003年10月に東京都板橋区にあるマンション、12畳の1ルームで起業をいたしました。


あれから15年の月日が経ちました。

無知で無能な若者であったがゆえ、この15年間は紆余曲折、文章にはとても出来ない様々な事がありました。 それでも今日まで経営を継続出来たのは、

1番は人、2番にビジネスモデルであると思っております。
ここで言う人とはお客様、お取引先様、株主様、共に働く仲間達、そして家族です。

人も会社も孤立していては生きてはいけません。
互いに支え合う、高め合う、想い合う人財がいるからこそ生きていられます。
私の一番自慢できることは、全てのステークホルダーが魅力的な方々ばかりである事です。
本当に感謝をしております。

そして、ビジネスモデル。

当社は15年間一貫してクライアント様とエンドにおられるお客様の永続的な関係をサポートする、テレ(遠隔)マーケティング、インサイドセールス事業に取り組んで参りました。
日本国内は少子高齢化に伴い消費減少、労働力低下が進み、企業は「効率よく稼ぎたい」
これをシンプルに求めているのです。

当社のビジネスモデルはまさにこの日本経済の流れに合致しております。
コア事業は社内に、ノンコアな事業は外に。
この企業の課題であるノンコアのアウトソーシングこそが
当社を成長させてきたプラス要因であると感じでおります。

15年間、クライアント一社一社に最適なご提案とサービス提供をしてきたことにより、業界でも独立したポジションを築けてきていると自負しております。

今後はBOT・有人兼用であるAIチャットサービスの「RYO-TALK」、創業からのコールセンターサービス「RYO-CALL」に加え、顧客データを診断しスクリプトの自動生成から将来収益・運用状況(LTV)を計測できる当社独自のAIシュミレーター、「RYO-DATA」の開発にも着手して参ります。


新たな社名に込めた想い。

「アナログ×テクノロジーによってクライアント利益を最大化する」

今後も更なるサービス強化を図りながら、経営陣、社員一同、全社一枚岩となり次なる10年、20年先を見据えて、これまで以上に事業に集中して参ります。

これからも私たち、アップセルテクノロジィーズをどうぞよろしくお願いいたします。

アップセルテクノロジィーズ株式会社
代表取締役社長 高橋 良太

お問い合わせ・ご相談はこちら

03-5986-0777

営業時間 平日 9:00 - 18:30

パートナー企業

English Japanese